読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48(チームK)

【出演】秋元才加、今井優、大島優子大堀恵奥真奈美小野恵令奈河西智美小林香菜佐藤夏希高田彩奈野呂佳代、早野薫、増田有華松原夏海宮澤佐江
1週間ぶりの劇場。チームKのステージは、1週間も空けるともう浦島太郎になってしまう。めーたんのセクシーじゃんけんや、なっちのコインモノマネ機。ゆうぴょんは残念ながら今日は降臨してくれなかった。
前回、失敗があったという優子の「禁じられた二人」のラストのセリフは、震えがくるくらいの渾身の出来だった。これまでのレベルを超えるところまでリカバーしてくるあたりは、さすがといったところ。
女優志望のメンバーもいるのに、AKBではなかなか演技力を磨く機会がないなーと思っていたが、機会がないなら自分たちで作ってしまえと、チームK演劇部が結成された。部員は、なっち、優ちゃん、かおりん、あや。仲間に入れなかったノロカヨが拗ねていたので、次は5人かも。自己紹介での4人寸劇のほかにも、いつものなっちと優ちゃんの二人小芝居も披露されて、合わせるとかなりの台詞量だったはずだけど、テンポよくまとめていた。ここに来て、なっちのマルチな才能が一気に咲き誇っている。寸劇で緊張がほぐれたかおりんが、いつになく活き活きとMCをこなしていたのも印象に残った。
香菜をめぐって、佐江とNatsumiの三角関係が発覚?香菜の佐江大好き発言のときに、Natsumiが聞き捨てならないというような表情を見せていた。こういう表情が舞台上で出てくるのもいい傾向だ。喋り方も、最近はハキハキしていて、ずいぶんと自信がついてきているのが伝わってくる。
次の劇場行きは、またも週末までお預けになるので、再び浦島を感じるくらいの進化を見せてほしい。