読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

ちゅろすでLive!

確実に高いレベルの満足度が得られるAKB48公演を捨ててちゅろすライブに参戦するのは賭けなので少し迷っていたが、送られてきたチケットの整理番号が思ったより良かったので、最終的には迷いなく初台へ。AKB、大島優子、Kチーム、お台場とかいう単語も聞こえてくる。やはり狭い世界だ。
番組のクオリティの低下にもかかわらず、結論から言うと第2部は前回をはるかに上回る出来だった。帳尻を合わせるどころか、粉飾なしで大幅な黒字決算を弾き出してきた。メンバーの大幅なリストラ、新規参加メンバーなしということで、前回から確実に上積みしてきた。しかも蓋を開けてみれば、にゃが選抜で完全参加。でも、にゃの参加をひた隠しにするアトリーのやり方は間違っているよ。バントのサインでホームラン、下書きを渡す約束で完成原稿を渡すようなものだ。期待値を下げておいて満足度を上げようというのは結局は逃げでしかない。今回の完成度なら誰も文句を言わないから自信を持つべきだ。
選抜は、宮内彩花高木李湖楢葉桃菜佐々木舞近藤真由の5人。歌唱力からいくとまぁ妥当か。1部で萌たんと桃菜のアニソン対決があって、萌え萌えなのは萌たんなんだけど、やはり歌唱力は桃菜が数段上だったからな。
石川葵たむは第2部最後しか出番なしですか、そうですか。いちばん先に葵たむの写真が売り切れたというのに、第1部も不遇だったな。前回もソロ歌ってないし、未だ葵たむの歌声聴けず。本間優里亜より歌ダメなのか?てか優里亜上手かった。ライブが来年のGWもあればたぶん選抜入る。近藤真由の声量と高音域はかなり凶暴だった。最後の「天使の翼」は真由の声ばかりが聞こえてきた。見た目に似合わずあがり症のようなので、次回、慣れてくれば声をコントロールできてもっと良くなると思う。舞も前回よりずいぶん上手くなっていた。桃菜はキャラ的にちゅろす向きではないからか、なかなか番組での出番に恵まれないが、ライブでこのメンバーに入ればやはり目立つ。
今日、CDが発売になった李湖たむは、身長が伸びてぐっと大人ぽくなっていた。歌とダンスは安心して見ていられるレベルは疾うに卒業、観客を引き込む迫力が増していた。マイクトラブルは残念だった。かおりちゃんが、李湖たむに渡そうとマイク持って出てきたのはいいとして、渡すタイミングを逸しているうちに自分で歌い出したのには冷や汗ものだった。
そして、にゃは前回は精彩がなかったが、今回は絶対的な存在であることを存分に再確認できた。自ら作詞したオリジナルも2曲披露。魂がこもった詞という点では既に秋元康を超えている。「Sailing!」がなかったことも、ライブ終了後しばらく気がつかなかった。それだけ今回のにゃについては満足できた。ネコミミ+シッポ=最強。番組の出番は今後も期待できそうもないので、そろそろ次のステップも見込んでほしい。AKBのBチームに加入すれば即エースだろうけど、路線が違うな。
にゃと長年コンビを組んできたずびは参加せず。1部で卒業証書を渡すべきだったのはずびなんじゃないのか?