読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~熱風の果て~

観劇の記録

AKB48

AKB48 AKB48-チームK AKB48-チームK-K1「PARTYが始まるよ」

【出演】秋元才加、今井優、上村彩子梅田彩佳大島優子大堀恵奥真奈美小野恵令奈河西智美小林香菜佐藤夏希高田彩奈野呂佳代、早野薫、増田有華松原夏海宮澤佐江
GW効果に加え、Aチームのスケジュールとかぶらなかったこともあって、今日は大入りに近い盛況ぶりだった。Kチームの基礎集客力自体も上がってきているのかもしれない。
キュラたむこと梅田彩佳たむが、これからは「ウメキュラ」と呼んでほしいと言っていた。「イメクラ」みたいで語感的に非常によくないと思うのだが。客席は微妙な反応だったので、たぶん定着しないと思う。キュラたむは、Kチームの中ではいちばん感性鋭い芸術家肌に見える。雨の日の過ごし方として、美術館の外のベンチで半日、というのはとても彼女らしい答えだった。そんなキュラたむが最も輝くのが、アンコールの「AKB48」。梅田彩佳を語ればKチームの「AKB48」は語りつくせる、というくらいの圧倒的なパフォーマンスを見せてくれる。この曲に限って言えば、ダンス、アクション、表情のどれをとってもKチームでは彼女に敵う子はいない。唯一対抗できそうなのが、やはり得意なスポーツでダンスを挙げていたシャイニングガールかおりんこと早野薫たむ。彼女のアクションもイメージに似合わずかなり大きくて見ごたえがある。
前回のお題トークは、増田有華たむの指して指して〜というアクションがオーバーで見ていて面白かったのだが、今日は普通になっていた。大島優子たむは毎回「ちなみに私は〜」とできるからおいしい。お題トークで突如飛び出したのが秋元才加たむのハーフ宣言。深みのある眼差しは、月光菩薩かアルテミスかというイメージはあったが、外見では外国の血が入っているとは判らないのでびっくりだった。